2016年7月15日金曜日

バッテリー 1話

局:フジテレビ
放送日:2016/07/14
制作:ゼロジー
評価:HV1280

明るいシーンは線も適度に暗く彩度低めでも癖のないすっきり画質に見える。室内は明るい色になっているのに、屋外は全体に陰影の強い暗めの絵が多く、画像だけだと何か事件でも起こりそうなホラー系の作品っぽく見える。コントラストが十分高いのでボケた絵には見えないけれど比較的ぼけた映像。フジテレビボケの影響も大きいけれど、元から少しソフトな絵のようだ。

リサイズでの乱れはないもののジャギ感の残る絵をぼかして整えたような作りで、どこを見ても縦720の特徴がきれいに残っているわかりやすいHV1280。

2016年7月12日火曜日

planetarian 予告編

サイト:youtube
配信日:2016/04/15?
制作:david production
評価:HV1280

放送がないので、フルHD配信されていたyoutubeの予告編でチェック。

カットによっては適度に暗い線になってるところもあるけれど、やや黒浮き気味の線が多くソフトなHD画質に見えるカットが多い。

youtubeなど低ビットレートの動画はブロックノイズのようなはっきりした劣化は少なくても、線の輪郭が荒れやすいので、その辺りも少し影響しているかもしれないけれど、リサイズ品質が微妙で線に粗さが残っていたり細かい描写が潰れかかっているなど、作画を活かしきれていない感じの少しもったいない作りに見える。

圧縮劣化の影響ではっきりした特徴が残っていないフレームが多いけれど、特にCGで作った画像には縦720の特徴がきれいに残っているところが多く、これもHV1280。

台風のノルダ

局:フジテレビ
放送日:2016/07/07
制作:スタジオコロリド
評価:HV1280+/900

劇場版アニメはテレビ放送があっても気付かず未チェックが多いけれど、時間的に見つけやすかったのでチェックしておこう。

特に効果のないシーンは黒に近い線のくっきり画質だけど、大半のシーンは効果線が黒浮き気味になっているか、暗い絵なので、全体ではソフトな絵に見えるカットが多い。

十分滑らかな線に見えるけれど、特に細かい描写や細めの線には縦900のジャギがはっきり残っていて、元は1600x900のHV1280+。

ぼのぼの 1話

局:BSアニマックス
放送日:2016/05/08
制作:エイケン
評価:HV1280+/991?

春の短編だけど、劣化の激しいフジテレビではほとんどお手上げだったのに対し、BSアニマックスの映像は特に横方向に異様に鮮明な映像での放送だったので再検証。

BSでも縦方向ははっきりした特徴がなく推定が困難なところは変わらないけれど、横方向はリサイズの副作用で発生した線の輪郭に沿ったノイズには1761.5辺りの中途半端でも高精細な特徴が残っていた。計算では1761.5x991辺りのサイズになる。

放送が横1440の放送なので、本当に元がそのサイズだったのか、あるいはそれが撮影時の解像度に由来する特徴なのかの判断が難しいけれど、4話辺りまで調べても同じ特徴を維持していた。エイケンのフルHD映像も存在するのでやろうと思えばできるサイズであること、映像から
見えてくる数字がこれしかないので?付きのまま評価上げ。

偶然の一致か何か関係あるのかこの数字は前例があって、A-1の宇宙ショーへようこそ
テレビ用映像でみる限り縦991になっていた。縦1000近いサイズになってくると1ピクセルの精度で確認することが難しく誤認の不安もあるけれど、合っているとしても中途半端な数字なので、元は一回り大きい整数で16:9になる1776x999で作らたものが少し欠けたパターンもしれない。

腐男子高校生活 1話

局:tvk
放送日:2016/07/10
制作:EMTスクエアード
評価:HV1280

これは普通のアニメ作画のショートアニメ。

若干明るめの線でくっきり画質というほどのメリハリはないけれど、精細感も高めで鮮明さもまずまず。

作画の線が細く拡大するとジャギ感の強い線になっているところが多く、それをぼかして整えたような作りになっているけれど、絵では輪郭も十分滑らかで精細感もあり、見た目の印象は悪く無い。

リサイズでの乱れもなくどこを見ても縦720のジャギがきれいに残っていてこれもわかりやすいHV1280。

ぐらP&ろで夫Ⅱ 2話

局:TOKYO MX
放送日:2016/07/08
制作:Pie in the sky
評価:HVFULL

存在に気づかず1話は録画してなかったので2話でチェック。

これも動画要素が少なく口と目ぐらいしか動かないカットが大半の2DCG。
今期は簡素なPC作画系短編が多いけれど、これもフルHDで作られている。

ちょびっとづかん 1話

局:TOKYO MX
放送日:2016/07/07
制作:勝鬨スタジオ
評価:HVFULL

動画要素が少なく、移動変形で動くところがほとんどの2DCG作画な映像。極太線絵自体は精細ではないもののフルHDで作られていて輪郭が鋭利なので非常に鮮明に見える。